よくある質問

服忌について

 神社本庁ホームページ(コラム・12 服忌についてLinkIcon)にも記載がございます通り、江戸時代に定められた「服忌令」には最も長い期間として父母の場合で「忌」が五十日とされています。
 平成25年10月に執り行われました遷御の儀、その「特別奉務者心得」にも忌中の方は特別奉拝ができません、と明記されていました。(服中は差支えありません)
 「服忌」については地域に慣例がある場合、その慣例に従うのが適切です。特に慣例がない場合には、五十日祭までを「忌」の期間、一年祭(一周忌)までを「服」の期間とするのが、一般的と思われます。ですから「忌」の期間を過ぎれば、原則として神事を再開して差支えないと言えると考えます。









管内神社一覧